京都林泉協会の歩み

 

昭和7年6月 京都林泉協会創立
昭和7年6月12日 南禅寺方丈に於いて創立総会を開催
昭和7年7月3日 西芳寺庭園に於いて第1回例会を開催
————————————————————————————————–
 ◇京都林泉協会会報 昭和8年8月~9年12月 1号~17号(絶版)
 ◇「林泉」A5判・雑誌タイプ 昭和10年1月・1号~19年5月・113号(絶版)
 ◇会報「林泉」誌再刊 B5判 昭和28年7月 1号から3号はガリ版刷り。
以後、毎月1日付けで発行され、平成17年1月号で619号になる。
また619号からはA4判に改められ、読みやすくなった。
————————————————————————————————–
昭和37年 京都林泉協会創立三十周年記念
記念事業 大徳寺塔頭・瑞峯院方丈庭園「独坐庭」作庭
 ◇記念出版 庭園見学備要「林泉備要」(絶版) ハガキ版
————————————————————————————————–
昭和42年 京都林泉協会創立三十五周年記念
 ◇記念出版 「全国庭園ガイドブック」(絶版) B6判 誠文堂新光社
————————————————————————————————–
 ◇「推賞 日本の名園」京都・中国編    (絶版) 昭和46年7月出版
 ◇「推賞 日本の名園」奈良・滋賀・全国編 (絶版) 昭和46年11月出版 B5判 誠文堂新光社
昭和17年、京都林泉協会創立10周年記念の記念事業として、全国の庭園から本会が推賞する名園、131庭を選定。30周年記念に22庭、その後5庭を加え、合計158庭を推賞名園として発表。
————————————————————————————————–
昭和47年 京都林泉協会創立四十周年記念
記念事業 大阪城内・豊国神社庭園「秀石庭」作庭
————————————————————————————————–
昭和52年 京都林泉協会創立四十五周年記念
記念事業 大徳寺本坊方丈にて、物故会員追悼法要
————————————————————————————————–
 ◇増補改訂版「全国庭園ガイドブック」 昭和55年10月発行(絶版)
————————————————————————————————–
昭和57年 京都林泉協会創立五十周年記念
記念事業 再刊会報「林泉」1号から50号までの復刻に着手。
————————————————————————————————–
平成4年  京都林泉協会創立六十周年記念
記念事業 東福寺塔頭・光明院にて大茶会
————————————————————————————————–
 ◇「林泉」 復刻版1 平成元年3月1日発行
昭和28年7月1日・第1号から、38年8月1日・第50号まで
B5判 304頁 上製本作りケース付き 残部あり 6000円(税込、送料別)
(ご注文はFAXにてお受けいたします)。
————————————————————————————————–
平成14年 京都林泉協会創立七十周年記念
記念事業 ウェステン都ホテル京都・葵殿にて祝典
 ◇記念出版 「日本庭園鑑賞便覧―全国庭園ガイドブック―」発刊
平成14年8月30日発行 四六判・264頁・並製本・定価2400円+税 学芸出版社
◇創立七拾周年記念号(9月号・591号)「林泉」発刊。
————————————————————————————————–

 

 

雑誌『林泉』昭和10年1月号創刊
(但し昭和19年5月号{113号}を以って一時休刊)
雑誌「林泉」はA5判30頁ほどの冊子で、第一号は昭和10年1月5日に発行された。編集兼発行者は当時の京都林泉協会代表者重森三玲。年12冊、毎月発行されていた。しかし、終戦の前年昭和19年5月に第113号(終刊号)が発行された。
尚、「林泉」の文字は空海の綜藝種智院式を採り、その中より林と泉を集字されたもので、空海の力強い良い字は毎月の林泉誌の表題として表紙を飾ってきた。戦後復刊された会報「林泉」にも空海の字が使われ、70年を越えた今も毎月林泉誌の巻頭にある。

昭和28年7月『林泉』誌
(第一号)再刊
林泉の文字以外は手書きであった。
平成14年9月・第591号会報
京都林泉協会
30周年記念作庭
瑞峯院「独坐庭」
平成16年1月・第607会報
京都林泉協会
40周年記念作庭
大阪城・豊国神社「秀石庭」
平成17年1月・第619会報
岸和田城本丸八陣の庭
・鳥陣石組
昭和28年
重森三玲作庭

その他発行物

『日本庭園鑑賞便覧―全国庭園ガイドブック』
学芸出版社発行、2002年、四六判、264頁、2,520円(税込)日本の美的要素のすべてがつまった庭という空間を、いかに愛で、理解するか。70年をかけて全国の庭園を賞翫してきた京都林泉協会による、鑑賞のための知識を網羅した愛蔵版。地割、石組、垣根、燈籠、石造品、古建築など、構成要素のすべてを解説する。全国1300件の庭園一覧、関係年表、文献目録等研究のための資料も充実。ご注文は京都林泉協会事務局(FAX:075-751-0905)まで
→くわしい内容はこちら


●絶版

『全国庭園ガイドブック』増補改訂版
誠文堂新光社発行、1980年、四六判、288頁、1700円『推賞日本の名園〈京都・中国編〉』新版
誠文堂新光社発行、1978年、B5判、272頁、2800円『推賞日本の名園〈京都・中国編〉』
誠文堂新光社発行、1972年、B5判、270頁、1600円『推賞日本の名園〈奈良・滋賀全国編〉』
誠文堂新光社発行、1972年、B5判、278頁、1700円

『全国庭園ガイドブック』
誠文堂新光社発行、1966年、四六判、266頁、600円『林泉備要―日本庭園研究入門』
京都林泉協会発行、1962年、11×16cm、95頁